2015年02月01日

平成27年卯月

阪神淡路大震災から20年が経ちました。
だんだんと風化していく記憶が当時の映像を見ると、震災の恐ろしさと同時に日常の有り難さを思い出させてくれます。

そして、日常の営みの中で当たり前のことなど何一つないということを再認識させてくれます。

私たちにとりましても、「お客様がいらっしゃる」「一緒に働く仲間がいる」「業者さんが物を運んで来てくれる」…何一つ当たり前のことはありません。
「当たり前」と思った時点で、感謝の念が薄れてしまいます。

その感謝の念を風化させないためにも、お客様はもちろんですが、仲間や業者さんに対しても、「ありがとうございます」の言葉が飛び交う店にしたいなあと思っています。

そして、当たり前でないことが当たり前に感じることにも感謝していきたいと思っております。


同じカテゴリー(月の言葉)の記事
 ライバル (2014-11-30 21:48)
 備え (2014-10-30 16:13)
 唯一の真実 (2014-09-29 22:58)
 語り部 (2014-09-01 19:14)
 夏の思い出 (2014-07-31 23:04)
 シンプル (2014-06-01 00:32)

Posted by 三田屋本店 箕面・豊中 スタッフ at 22:12│Comments(0)月の言葉
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。